FC2ブログ

TRC日記

ジュニア陸上チームTRCの活動日記  

世界陸上男子リレー


世界陸上2大会連続の銅メダル、男子4×100mリレー、おめでとう。そして、悔しさが残り、課題も見えたレースであった。1走多田、やはり凄い、コーナーの100m走があれば決勝に残れるのでは?と思えるロケットスタート。やはり、日本の1走は今のところ、多田か山縣以外に無い、二人の調子、仕上がりで来年の1走が確定できる確かな戦力だ。小池が予選で1走を走ったが、今大会全般的に調子が今ひとつだったので、予選も今ひとつに見えたが、仕上がった時に得意とする200mのスタートがどこまで食い込めるか?そして、ほぼ間違いなく固定したいのは3走のコーナーを最速で走り抜ける桐生。これも凄い。ボルトを彷彿するカーブのスピードは魅力的だ。2走は、白石が頑張った。層としては山縣、小池など。加速走の速さ、バトンの上手さが最大限に活きる。さて、やはり課題は4走のハキーム。予選のバトンは論外として、決勝でも加速を抑えてバトンをもらってから加速している。そういう意味でピンポイントの受け渡しは上手くいったのは、受けるのは上手くなっている証拠。しかし、本当の意味でタイムを削るロスの無いバトンは、加速してからバトンをもらうこと。1走→2走→3走はそれが出来ている。3走→4走が出来ていれば今回、銀だった。今の状態なら、ケンブリッジの調子が上がっていれば交代もあり得る。しかし、金を取るには、埋めなければいけないのは走力の差。その為には、ハキームが日本のバトンを完全に習得することが必要不可欠。まだ1年ある、充分時間はある。

そして、今大会男子マイルリレーが最高の走りを見せてくれた。マイルは、4継以上に走力の差を埋めるのが難しいレースだが、2走飯塚、3走佐藤がバックストレートで2番、1番と好位置をキープして、バトンリレーのインコースの権利を獲得。直線失速、というより周囲の加速に抜かれても、見事なバトンの受け渡しでインを最大限に活用して順位を上げる見事な展開。それこそ、最後の直線で6位まで落ちてしまったが、最後の最後まで、期待が持てる最高の走りを見せてくれた。走力的には見劣りしても、これだけ戦える、あと一本加われば、ものすごく可能性を感じさせ、楽しみにしてくれたレースであった。



リベラルの言質

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

MGCの結果


マラソングランドチャンピオンシップが終わり、来年の内定者男女2名が決定した。本命視された大迫選手は3位となり内定が見合され、今後の動きに身勝手な話題が飛び交っている。東京マラソンでの設楽選手との直接対決と。

ネット上では少し分かった風に、残りのファイナルチャレンジレース、東京マラソンにエントリーだけしておいて、様子を見て、記録が出せそうな天候なら挑戦し、難しそうなら棄権、設楽選手など他選手に着いていき、記録が出せそうになればラスト勝負、無理そうであれば途中棄権という意見が聞こえてくる。分かった様に言いながら、これは殆どあり得ないやり方に思える。また、マスコミが煽るのは、放送番組コンテンツとしての価値が上がるためのビジネス上の理由もある。しかし、本番オリンピックの夏のレースで世界と戦う為に、今から夏に照準を合わせて欲しい。

まず今回の瀬古選手の敗因を考えたい。簡単に言うと、調整の失敗としか思えない。いや、本人的には完璧に合わせてきたはず。だが、途中の走りを見ても、冬の東京マラソンを棄権した走りに近く、表現は難しいが、どこか固く、ムダに見えた。上半身、背中の筋肉が増強され邪魔になったとの論評もあるが、真実は分からない。それでもラスト2.195kmをキロ3分程度の世界レベルのスパートに途中まで対応して、地力の片鱗は見せてくれた。

もう一つの視点で設楽選手の失速から見えてくることもある。あのハイペースは設楽選手にとって決してハイペースではなく、身体的にも無理している訳ではなく、それでも夏のレースではダメージの蓄積が計り知れない。即ち、夏のレースでは特に、前半は体感できないダメージの蓄積を当日の環境条件に合わせてマネジメントすることが難しいということ。まさに、ファンラン市民ランナーが前半を必要以上に抑えてペースを作るのと同じ感覚、それで勝負もしなければならない。ある意味、博打的要素もありそうだということ。

ピーキングは本当に難しい、夏の過酷なレースであれば尚更、冬のレースとは根本的に異なる戦術が求められ、必要なパフォーマンスも異なる。

今でも、世界で戦うための一番手は大迫選手だと確信している。その次に来るのが服部選手。本来は次に設楽選手なのだろうが、中村選手の見せてくれた夏レースの特性は、夏の環境条件に合わせる際の一つの武器になる。大迫選手、服部選手に上位選手をマークさせガチンコ勝負、その5~6秒/キロ遅れのペースで中村選手が追走。後半、上位選手が残ってなければ中村選手が拾いに行く。日本として2枚腰、3枚腰の戦術が有効だ。

素人が考えるほど、ピーキングは簡単ではない。冬のレースに照準を合わせて、もう一度その夏というのは極めて難しい。ましてや、ファイナルチャレンジにエントリーするという事は、日本記録を更新する状態に合わせておかねばならない。人間の身体はデジタルではない。調子の上げ下げだけでもかなり前から刺激を入れたり、疲労のピークに持って行って調子をわざと落としたりしなければならない。ましてや、1年かけて、世界と戦うための上積みも必要。その為にはチームとして取り組む1年が重要になる。中村選手はそれこそバケツを今以上に大きくする、服部選手、大迫選手は、科学的な身体状態の特性から理想に向けての身体改造、1年は短い。

個人的には、大迫選手は、冬はパスして、来夏に照準を合わせるべきだと思う。確かに、冬のタイムが出せる環境が整い、ハイペースで後半足が残った設楽選手は標準記録突破の可能性はある。その場合、悔やんでも悔やみきれないだろうが、あくまで本番はオリンピックの夏。夏に世界と戦える可能性のある選手、一番可能性のある選手は大迫選手だと思っている。そして、陸連も内定見合わせていても、準内定扱いでチームに加えて、今から取り組めないものだろうか?


国難を脱す解決方法

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

歴史は繰り返す

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請