FC2ブログ

TRC日記

ジュニア陸上チームTRCの活動日記  

箱根駅伝2019に思う

箱根駅伝が往路、復路、総合全て異なる学校が優勝、しかも全て新記録という珍しい結果になった。10区間で争い、各区間が20km前後の距離という長い戦いなので、普通に考えると、どこかの区間で想定外の不調者が出るとなかなか挽回できない大きなビハインドを受けてしまう。それだけ特殊な条件のレースなので今までなかったのが不思議と言えば不思議なのだが。その特殊性は?


まず、10区間の選手を揃える事自体、簡単ではない。実際、箱根駅伝の予選会に出場する資格として10人以上、標準タイムをクリアしなければならない。駅伝部のない、普通の陸上競技部で活動している大学がこの条件をクリアするのは相当ハードルが高い。標準記録が厳しすぎるわけではない、そもそもの数が揃わないのだ。一部の大学など中距離は当たり前、その他の種目の選手も含めてクリアを目指すこともある。だから、全国の長距離志望の有力選手が駅伝部のある関東の大学に集中する。これは、実は陸上界において埋もれた逸材を埋れさせ、底辺拡大の阻害要因になるという事態を招いている。


次に一極集中した更に強豪校では、補欠が多数発生する。実は補欠の存在は日本の学生スポーツの悪しき特徴なのである。例えば、青山学院などは本戦を走れないBチームやCチームを編成して戦っても、シード権争いの戦いぐらいはできるのでは?という力は持っているのに埋れてしまう選手が多数発生してしまう。更に悪いのは、飛び抜けたエース格でもない限り故障した場合、レギュラーの資格を失い、出場できなくなる。内部のレギュラー争いだから仕方がない?と簡単には言えない。故障した場合、普通は完治を優先するのが選手ファースト、だが完治させる期間で出番が失われ、学生在籍期間の極めて短い時間の中で挽回が難しくなる。それ故、無理をする、故障を隠す、痛くないと言い切る・・・、数多くそうやって苦しんできた選手を見てきた。故障を惜しんで戦う、それは美徳でも何でも無い。単なるチームの勝手な都合、指導者のエゴでありアスリートファーストではありえない。


大東文化大学の1区新井康平選手がスタート直後に転倒しながら襷をつないだ。感動や美談的に囃し立てる風潮があるが、絶対に違う。私が監督だったら止めに入るかどうかの選択に悩み苦しむ。そしてあの転倒シーンの画像を見て、靴の裏が上を向くほど足首が捻れていることを確認した時点で間違いなく止める。選手はやると言うかもしれないが、止めるのが当たり前。捻挫は間違いなく、その後の無理で骨折もあり得る。選手生命に関わる可能性がある。病状の情報が無いので分からないが、心配で仕方が無い。繰り返すがあれは美談ではない!


チームにとって選手は使い捨て、中・高なら3年、大学でも4年と短い期間なのでどうせ選手は使い捨て、潰れていく選手は去るだけ、その為に大勢確保して補欠を充実させるのが学生スポーツに蔓延る悪環境、それを更に助長する方向に箱根駅伝はあると言わざるを得ない。


競技は人間がやる事であり、その日の調子の変動は、走ってみないと分からないことも多い。10区間もあれば、そのどこかでブレーキが発生するのが当たり前。そのブレーキを前提とした挽回できる高いレベルでの選手層の厚さを備えたチームが優勝するのが箱根。だから宣伝効果で集まった選手層で青学が4連覇できた。それでも人間故の負のマインド面、不協和音などを選手より全面に出過ぎることで発生し、予期せぬブレーキが増加するリスクをマネジメントできていない結果が出たように感じる。何を優先し、何を大切にするのか?間違えている様に感じる。東京都高校駅伝でも、あれだけ選手を集めていながら何故負ける?と感じざるを得ない場面もあった。同様である。


プロなら、まだそれでもいいかもしれないが、学生スポーツは勉学に割くべき時間を競技に打ち込んでいる。即ち、教育の一環。教育が勉学だけとは言わない、競技を通じての人間教育は極めて重要であり、その後の人生で必ず活きる。でもそれはチーム優先でなく、学生優先、選手ファーストでなければならない。チームのために、指導者の名誉のためにではなく学生のためでなければならない。



富士山女子駅伝

富士山女子駅伝、名城大学おめでとう。大東文化大学は残念、惜しかった、来年こそ悲願達成してほしい。
そして、前半強かった全日本大学選抜が女子ならではの印象を強く感じさせてくれた。まずは、男子ほど選手の一極集中がないこと、そして一区間の距離が短い区間も多いことで中距離選手も対応が出来ること。結果、駅伝チームが組めない大学にも有力選手がいることで選抜チームでも戦える。それ故、バラエティーに富む選手を見る楽しみがある。
そして私事で言うなら、ギリギリよく知ってる世代の選手達が頑張ってるので楽しんで観戦出来て楽しめた。

恒例の車での帰省

毎年恒例、最終出勤日の夜に帰省!
今年は想定以上に車が多く渋滞がひどい。その上事故も重なり久しぶりのピタ渋。こんな高速で事故る奴はハンドル握るな、と思いながら、実際の事故現場に行くとほんの小さな事故?この事故でここまで止まるのか?首を傾げてると、その先長島辺りから雪。四日市辺りから吹雪❗️でノロノロ運転。
結局、予定を大幅に越える8時間のロングドライブとなり流石に疲れた。
それでも寝ずに最後まで運転できたのは自動運転のおかげ❗️
35年前に運転で人間が機械の一部を代行する事から逃れるオートマで左足が解放されたが、ようやく今、右足も解放(高速限定だが)される日が来た。まだ両手はサポートだけで完全に解放されないが、車の少ないとき、もしくは、前の車を追走して横からの割り込みなど干渉がなければ、ほぼ勝手に進んでくれる。両手が解放される日もそんなに遠くない❕

クイーンズ駅伝&初マラソン


今日はクイーンズ駅伝。東京期待のハナちゃんは、JP郵政の最終区間を走り3位以内が目標。だが、調子が今ひとつ?解説では筋肉を付けている途中?つまり重いと言うことか、失速してしまった。今は充電期間、来年はブレークして、東京を目指して欲しい。

さて、裏番組、というより本命のつくばマラソンで光里が初マラソンに挑戦。フルを甘く見るなと言われ続けながら、引退後ろくな練習もしていない。最悪でも30km走を1回はやっておけと皆に忠告されても、最長距離はマイルと20kmにも達せず、皆に30km過ぎで別世界の身体の限界が来ると脅され続け、更に悪いことにレース2日前に足首捻挫までしてテーピングしての初マラソン。流石に2日前の捻挫は、私に言うとこっぴどく怒られると思い、黙って1人でテーピングしていた様子。私たちは現地に行かず、ランネットの速報でラップタイムを見ながらの応援であった。

そんな状態なので、無理をせずキロ430秒を守ってゆったりと行くレースプランだった。しかも、初マラソンで記録が無い扱いで後ろからのスタートの為、号砲が鳴っても歩きスタートでとなり、スタートラインを超えたのが約1分弱後。速報を見て、5km通過から20km通過まで若干の上げ下げはあるものの、予定通りのペース、寧ろ上げすぎないように注意しながら走っている様子。だが、25km通過30km通過で若干のペースダウン。これは、じりじりと堪えてきて30km過ぎに体中が重くなるパターン、終わった!と思ったのだが、35km通過が5kmのラップとしてはセカンドベストまで上げてきた。なんじゃこりゃ?まだ余裕があるのか?そこから若干のペースダウンはあったものの、ほぼイーブンの3時間1112秒でゴール。ネットタイムは更に43秒速いが、公式記録は号砲からのグロスタイム。当初の私の予想タイムは、後半潰れて3時間30分、本人的にも最悪潰れて歩いても4時間は切っておきたい、だったが、3時間11分は予想外の好記録。

帰宅後、20km30kmまでのペースダウンは足裏の水膨れと下手くそなテーピングの違和感、擦れなどの外傷系で自重したが、30km過ぎでまだ行けると思ってペースを戻したとのこと。普通にやっていたらサブ3も手が届く範囲だったが、脅され続けてペースを上げるのは流石に怖かったのだろう、仕方が無い。記録は次で良いだろう。

次の東京マラソンは、準アスリート枠なので前列スタート、不利はない。次に向けて、そうは言ってもフルを舐めてはいけない。現役引退しているのだから、今までの様な追い込んだスピード練習は必要ないが、ゆっくりで距離を積んで、バケツの容量を大きくするだけでいい。後は故障をしないように、柔軟性を身に纏うストレッチ中心。410秒~15秒ではおしていける、いやそれでも後半上げられるかも?期待大。


様々な秋陸上


城北4区対抗

東日本女子駅伝で東京都が久しぶりの優勝を勝ち取った。2013年唯ちゃんが出場、挑戦した大会、その時の東京は首位千葉から約1分遅れる5位。優勝は2008年まで遡る。悲願達成おめでとう!新谷復活、卜部さん抜擢、先日の東京都高校駅伝12位の強豪校から3人、そしてなんと言っても光里の同期元廣選手。よく頑張った!中学生も頑張った、それでも魔の8区は厳しかった様だ、あの下りの入りは上位争いをする選手にとって魔のオーバーペースを余儀なくされる難しい区間。新谷の逆転劇は流石としか言い様がない。

前週は、戸田橋にて東京都高校駅伝、女子は、接戦ではあったが連覇を阻むことは出来なかった、惜しかったが層の厚さの壁は高い。そして、その横の新河岸陸上競技場で城北4区対抗陸上という、手作りのほんわかした大会に光里が板橋区として出場?現役引退した選手に声がかかり、楽しみながら走るという大会。光里は800m3000m2種目エントリーだが、引退後殆ど走っていない状況でどれだけ走れるのか?無理せずイーブンペースで800m1位だったが、3000mは練馬の選手が追いすがる展開で、最終周回で一旦抜かれるが、意地で少しだけ前に出て1位は確保、結果現役時代とそれ程変わらないタイム?800mで体が動くように解れたのが良かったのと、イーブンで無理をしないペースが良かったのか?短距離種目には小学生時代に板橋から全国大会に出場したリレーメンバーが集結、往年の走りを彷彿させる走りと北区のバトン?で41位ゲット。なんにしろ勝って大盛り上がり!楽しそうだった!

我が家のご近所さん、福岡国際ランナーのOさんは練馬区として5000mに出場。調子はあまり良くなさそうだったが、それでも良い走りだった。

来年は旧練馬総合グランドがタータンに生まれ変わって開催される。更に盛り上がる予感。



FC2Ad